トップ > エッジング材 <芝見切り材> > ランドスケープエッジ > Lタイプ プラエッジ45 1.8mx3本(5.4m分)

Lタイプ プラエッジ45 1.8mx3本(5.4m分)

代引き不可商品
 
Lタイプ プラエッジ45 高さ45mmx1.8mx3本(5.4m分) 
 アンカーピン10本付
インターロッキングブロックの場合にブロックが片落ちしないようにガイドします。又、フレキシブルな為様々な曲線に仕上げることが可能です。施工はインターロッキングブロックする箇所を転圧します。ブロック見切を取り付ける場合は付属の鉄製アンカーピンを60cmピッチに打ち込みます。曲線が多い場合には別売アンカーピンをご使用ください。すべてブロック見切を固定したら高さ調整の砂を3cm程度の厚さで敷きレベル調整します。その後ブロックを見切に沿って敷き並べます
 

 

ブロック見切り標準施工方法

1.ブロック見切りの固定場所に墨をつけます。 2.墨に合せ、ブロック見切りを固定していきます。 3.見切り固定後、川砂を敷きレベルを合わせ、ブロックを敷き並べます。
4.ブロック施工後、側面の見切り材を固定し施工完了となります。

ブロック見切を設置し固定を行ないます。固定はアンカーピンを端部両サイドと真ん中に打込み固定して下さい。(ジョイント部は3cm程度離してください。見切り材が伸び縮みするため)
ブロック見切をすべて固定したら高さ調整の川砂や調整材を1〜3cm程度敷き均しレベルをします。その後、ブロックを見切に沿わせ設置してください。
曲線施工や軟弱地盤で見切材が固定できない場合は、プラピン大(別売)を使用し50cm程度で固定して下さい。
※エッジングをカットする場合は、手ノコ、万能バサミ、カッター等で切断してください。
 

防草シート見切り.jpg

※この商品は業務用配送の為時間指定等はできません。1回のご注文につき送料4850円〜

ブロック見切

インターロッキングブロックなどの縁に使用することで、ブロック敷きの歩行路などによく見られるブロックが片落ちしてしまう現象を防ぎます。
本体が薄い形状をしているため、ブロック敷きの綺麗な景観を邪魔しないシンプルなデザインも魅力です。
ブロックの片落ち防止だけではなく、舗装材の見切としてもご使用頂けます。
施工方法は、土または砂利の上に置き固定するタイプの見切材です。 防草シート見切としても、ご使用頂けます。

断面図
平面図
価格 : 5,984円 (税込 円)
ポイント : 50
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ